三友コンサルタント
登記・測量

登記・測量に関することは専門スタッフが丁寧にご説明致しますので、お気軽にご相談下さい。

相続登記については今回ご紹介しておりませんが、大切な登記ですのでお困りの方はお気軽にご相談下さい。

売買・贈与による所有権移転登記

[概要]

売主・贈与者から買主・受贈者へ所有権を移転する登記をします。

[必要な書類]

売主・贈与する方
権利書(登記済証・登記識別情報)
印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)1通
農地の場合には農地法の許可書
登記原因証明情報
買主・贈与を受ける方
住民票1通

担保権(抵当権・根抵当権)の抹消登記

[概要]

お金を借りた際、不動産を担保に取られていたが、返済したような場合に、担保を消す登記をします。

[必要な書類]

(根)抵当権者
原契約書 (設定の権利証・登記識別情報)
登記原因証明情報

※担保権者が金融機関の場合には、通常必要書類一式を渡されますので特にご用意して頂くものは認印程度になります。

新築などによる所有権保存登記

[概要]

家を新築した時、自分の所有であることを証明するために登記するものです。

[必要な書類]

住民票1通
表示登記に関する関係書類(土地家屋調査士が作成いたします)

測量について

不動産売買時において、境界杭の確認はもちろんのこと「土地の面積、寸法」が実際にはどのくらいあるのか、登記簿謄本の面積と差異はどれくらいなのか、越境はされていないか、していないか等を土地家屋調査士の資格を持ったものが測量をして初めて分かり事もあります。

売買だけではなく家を建て直すのを機会にして測量をされるケースも増えてきました。

境界の紛争は決して少なくありません。

土地・一戸建て住宅を売却する場合などは買い主様の条件で実測(確定測量)を言われるケースも増えてきましたので売買をスムーズにされるためにも事前の測量をお勧めいたします。